保湿美容液の効果と使い方

Beautiful asian woman relaxing in the room

化粧品や乳液など、たくさんある基礎化粧品の中で、保湿美容液の使い方を把握していない方も少なくないでしょう。

肌の表皮の外側にある角質層は様々な成分で構成されていて、肌の潤いを保つ水分も含まれています。

その成分の1つのセラミドは、肌や体内のバリア機能を持っているので、肌の潤い感を維持するためには、セラミドを守って水分を保持することが大切です。

肌の乾燥は、このセラミドが減少してしまうことが主な原因なので、保湿効果を保つためには、セラミドが配合された化粧品を使うことが望ましいでしょう。

セラミドに効果的にアプローチするためには、保湿成分がしっかりと配合されているものが多く、油分と水分のバランスに優れている保湿美容液を使うのが理想的です。

保湿美容液には、化粧水や乳液では補いきれない保湿を補う役割があるので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合された美容液を肌にのせることで効果が期待できます。

美容液を使うタイミングは、メーカーや種類によって使い方は異なる場合もありますが、通常は洗顔後に化粧水をつけてから美容液を塗り、そのあと乳液やクリームなどを塗って蒸発を防ぎましょう。
その際、目の周りなどのしわのできやすい部分には念入りに塗ると効果的です。

また空気が乾燥する季節などは、肌の乾燥を防ぐためにしっかりと保湿することが大切なので、毎日のケアに美容液を取り入れるほうが良いでしょう。

乾燥肌の方は、肌のバリア機能を助ける効果のある、セラミドやヒアルロン酸などが配合されているものを選ぶのが理想的です。

保湿クリームでニキビのできにくいモチモチの肌完成

保湿効果が高いのは、「ニベアクリーム」です。

ニベアクリームは400円~500円で販売されており、リーズナブルなので多くの人が手軽に使えます。
その上世界中のセレブが愛用しているドゥラメールと配合成分が似ているので、美容効果が高いとされます。

ドゥラメールは2万円弱もする高級クリームですが、8割はニベアクリームと同じ成分を使っています。

ニベアクリームの主な有効成分は、スクワランやホホバオイル、クエン酸などでどれも保湿効果があるものとして有名です。

また肌のターンオーバーの促進や皮脂の過剰分泌を抑制する効果もあるため、保湿したいけれどニキビも気になる人におすすめです。

基本的な使い方は、洗顔後の清潔な肌に塗ることで、水分の蒸発を防ぐというものです。硬めのテクスチャーなので、温かい手でハンドプレスするとよく馴染みます。

その後シッカロールをはたくと、特有のベタつきが気にならなくなります。

寝る前のスキンケアに応用すれば、枕やベッドに化粧品の成分が付着しません。

乾燥肌の人でも鼻は比較的多くの皮脂が出ています。ニベアを鼻にポンポンを叩き込むことで、鼻が保湿されるので余分な皮脂の分泌を防げます。

時間がある時はニベアでスペシャルケアを行います。

洗顔後の濡れた肌にたっぷりとニベアを付け、蒸しタオルを載せて10分~15分待ちます。

タオルで軽くクリームを拭き取ったら、化粧水を浸したコットンで残りを引き取ってニキビのできにくいモチモチの肌が完成します。

保湿で大切なのは化粧水による水分補給

お肌の保湿というと、美容液やクリームを想像してしまいがちですが、実際に重要なのは化粧水といえます。

もちろん、美容液やクリームも大切な役割をしていますが、それらの効果を最大限に発揮させるためにも、まず大切なのが化粧水なのです。

化粧水の使いかたにもポイントがありますので、しっかりと使い方を把握して効果的なケアをしたいものです。

洗顔後、すぐに使いたいのが化粧水といえます。

肌は、水分を吸収していきますから、本来であれば、洗顔する水についても気を付けたいものです。
水道水には塩素が含まれていますから、浄水器などがある家庭では、浄水器の水を使うとより理想的ともいえます。

でも、たいていの場合、とくに浴室などではそのような環境はむつかしいので、浴室に化粧水を持ち込んで、洗顔したらすぐに化粧水を使うようにしましょう。

タオルで顔を拭くことは、時として肌への刺激となるので、濡れた状態でまず化粧水をつけるようにすると効果的です。

そして、湯船につかりながら、もう一度つけると保湿効果が高まります。

一度にたくさんつけても、肌の表面に残ってしまって、十分な効果が得られません。

その後の美容液やクリームの効果を高めるためにも、たっぷりとお肌に水分補給した状態を作っておくことが大切です。

そして、その水分がまだ乾ききらないうちに、クリームなどでふたをするようにすると良いでしょう。

保湿で大切な水分補給をしっかりとしておくことが美肌への近道です。

スキンケアの基本は保湿することが大切

肌荒れや肌の乾燥を防ぎ、肌をきれいな状態に保つには化粧品による保湿をすることが大切です。

化粧品は、さまざまなものが開発されているため、自分の肌質に合ったものを選ぶことが重要です。

また、敏感肌や乾燥肌の方は、低刺激なタイプの化粧品を使うことで、自分の肌への負担を減らしましょう。

セラミドが配合されている化粧品を使うと、刺激が少なく肌が弱い方にもおすすめのスキンケアといえるでしょう。

化粧品によるスキンケアだけでなく生活習慣や食生活の改善をすることも肌をきれいに保つためには重要です。生活習慣や食生活が乱れていると、肌荒れや乾燥肌の原因になる場合があります。

不規則な生活をしていると、自律神経やホルモンバランスに影響がでてしまい、発汗作用が乱れ、多量の汗がでてしまったり、皮脂の分泌量が増加してしまいます。

また、ストレスによっても、自律神経やホルモンバランスに影響がでたり、胃腸などにも影響がでてしまうことがあります。

胃腸の状態が悪化してしまうと、肌が荒れやすいこともありますので。

できるだけ、規則正しい生活習慣に改善していくことや、ストレスを溜めないような生活を心がけていくことが大切です。

食生活でもダイエットをしたり好き嫌いが激しい場合などは、栄養の偏りがでてしまい、肌に必要な栄養が不足してしまうこともあります。

きれいな肌を保つためにも、栄養バランスのとれた食事を日々、心がけていくことが大切です。

お米のパワーで保湿ケアができるライスフォースがおすすめ

ライスフォースには、お米から抽出したライスパワーエキスが配合されています。

このエキスにはいくつかの種類があり、それぞれお肌に与える効果が違います。

ライスフォースでは、乾燥気味でみずみずしさを高めたい方のために、ライスフォース口コミでわかるように大人気のディープモイスチャーシリーズを展開しています。

このシリーズでは、保湿効果に優れているライスパワーエキスNo.11が配合されています。No.11は肌細胞に存在しているセラミドを増やして、細胞内を潤いで満たす働きがあります。

単に肌の渇きを潤す保湿ではなく、水分保持力の高いセラミドがしっかりと水分を抱え込むので、しっとり感が長く保てるのです。

成分の浸透力を高めるブースターとしても使えるふき取り化粧水は、皮脂分泌を調整してニキビを抑え、肌の老廃物を取り除いてキメを整える働きを持つライスパワーエキスNo.10と、角質を整えて刺激から肌を守ってくれるライスパワーエキスNo.1が配合になっています。

肌が乾燥するけれどテカリが気になるといった肌質の方は、ふき取り化粧水で余分な皮脂と老廃物をしっかり落としてから、化粧水を使うとより保湿効果が高まります。

ライスパワーエキスは、クレンジング剤や洗顔料にも入っているので、シリーズをライン使いすれば肌を清潔に保ちながら十分な保湿対策ができます。

ライスフォースでは、成分が肌質に合うかどうかチェックできるお試しセットや、お得な価格で購入できる定期便があるので、お得な方法を選んで使い続けることで、お肌のトータルケアも万全です。