洗顔後は肌が乾燥しやすい状態なので保湿が大切

肌の汚れなどを洗い流すことで、毛穴の詰まりをなくす洗顔は肌をきれいな状態を保つことにつながります。

毛穴が詰まってしまうと、炎症などを起こしやすいため、ニキビなどができやすい環境になってしまいます。

そのような状態を防ぐために定期的に洗顔を行い、肌の状態をよりよい状態に保つことが大切です。
洗顔をする場合には、お湯があまり熱いものを使うと、肌にある皮脂の大半を洗い流してしまいます。

皮脂は余分に分泌されたものは、毛穴を詰まらせる原因になるため、洗い流してもかまいませんが、ほとんど全部洗い流してしまうと、肌を保護することができなくなってしまいます。

また、皮脂の大半が洗い流されてしまうと、肌を守ろうと通常よりも多くの皮脂を分泌するように体内で作用してしまうため、皮脂分泌量が過剰になりやすく、そのため、余計に肌が荒れやすい環境が整ってしまうことがあるため、熱いお湯ではなくぬるま湯を使い、適度に皮脂を洗い流すことが大切だといえるでしょう。

洗顔後には、肌が乾燥しやすい状態です。そのため、肌ケアのため化粧品を使ってしっかりと肌を保湿することが大切です。

水分を与え、肌の状態を整え、保湿用化粧品を用いて肌から水分が逃げないようにしっかりと肌をカバーするといいでしょう。

肌が乾燥しやすかったり、敏感肌の場合には、刺激ができるだけ少ないタイプの化粧品を使うことで、肌への負担を減らすことも大切です。

自分の肌にあった化粧品を使い、しっかりとスキンケアをしましょう。