ニキビケアの中でも特に保湿は重要

ニキビというと過剰な皮脂によりできるイメージがあります。

すると皮脂が多いので余計な油分は避けようと考え、保湿クリームや乳液を使わない方がいます。

しかし、これは実はかえって逆効果なんです。

しっかりと保湿をしていないと、皮膚は乾燥から肌を守るためにさらに皮脂を分泌します。

するとそれが毛穴に詰まりやすくなり、ニキビとなるのです。

また、ニキビの原因の一つはターンオーバーの低下です。

ターンオーバーは肌に栄養が行き渡らず、潤いが低下してくると起こりがちになります。すると古い角質がきちんと剥がれ落ちないために角質肥厚となり、スキンケアをしても有効成分が肌の奥に届きにくくなるのです。

そのため肌荒れが進み、ニキビのできやすい肌となるのです。

このようにニキビのできやすい肌というのは、潤いや保湿力が低下している場合があります。

そのためスキンケアできちんと保湿することが重要です。

しかし、ただ保湿すればいいという訳ではありません。

ニキビのできやすい肌というのはバリア機能が低下しているため、刺激に敏感になっています。

そんな肌に刺激の強いクリームを塗ると、逆に肌荒れが悪化してしまう可能性があります。

そのため、しっかりと保湿ケアをするのなら低刺激の敏感肌専用のスキンケアを使うことをおすすめします。

敏感肌専用なら肌に優しく、そして厚くなってしまった角質の奥にまで保湿成分が届きやすくなっているので、ターンオーバーを改善してニキビを改善・予防することができます。重要なのはしっかりとしたケアなのです。